只今の走行距離、 km。
 ご訪問ありがとうございます。皆さんに感謝!<(_ _)> 行くぞ100,000km!ブーン(((っ・ω・)っ 太閤湯 身の丈程のブログ

身の丈程のブログ

img1 img2 img3 img4 img5 img6 img7 img8

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

太閤湯

「太閤湯」・・・・多分全国、特に関西にもその名が多く残されていると思いますが・・・

今日は休暇を頂いており、一人箱根にお散歩に行ってきました。
ブラック号で家を出ること8時半過ぎ。
ノンビリいつものオール下道。

関東、特にこの箱根界隈で「太閤」と言えば、歴史上出てくるのは「豊臣秀吉の小田原攻め」ですよね。
その際に、太閤自ら入った?とも若しくは諸将を労う為に?とか・・・。

折角のなので、その「太閤湯」に浸かってきました。
ここは地元の方が管理されている、格安な公衆浴場です。
コジンマリとした浴場ですが、シッカリと管理され気持ちの良い温泉でした。

DCF_2113-1.jpg

場所は宮ノ下の交差点下にありますが、ここ「太閤湯」は箱根七湯の一つ、底倉温泉の引き湯だそうです。
入浴料は、箱根においては有り得ないワンコイン以下の「400円!」です。
他の外湯、以前にも行った「姫之湯」でも500円が最低料金が普通!

い~や、でも受付(番台?)に居たおばちゃんとの会話が、とっても楽しかったぁ。

最初、バイクの置き場を聞いたときも・・・
おばちゃん 「バイクは、そこの吸殻入れの横に止めて!」「大丈夫だよね!」(キッパリ!)
身の丈程 「だ・・大丈夫!です。」
お 「バイクで来るなんて・・・あんた、初めてでしょ!」
身 「ハイ。(^^ゞ」
少々ぶっきら棒なんですが、気軽に話が出来る感じのおばちゃん。
こちらも気軽に話しかけると・・・話は止まらず。^^;

お 「あっ、靴はそこ。先ずは、券を買って。お風呂に入る時は、温泉をかけ流して入って!源泉は(確か)71度だから・・・気持ちいいよ!湯船は2つ有るけど、今は大きい方が開いているはず。お湯は出して入ってね!この時間は地元の人も帰り・・・(中略・・大略)」って話が止まんない!・・・・
身 「(71度かけ流せって言っても熱すぎない?・・・^^;)ハイ・・・では、頂いてきます。(・_・;)」

やっと解放され。
大きい方の湯船はこちら。

P3220104-1.jpg

湯船だけではなく、脱衣所もきれいでした。
本当にちゃんと管理されている状況が分かるお風呂です。

しかしこの時、カメラを風呂場に落としてしまって・・・(T_T)
以降、写真が全く撮れなくなってしまいました。

蛇口を捻ると、源泉そのものがジャボジャボと出てくるのですが、流石に源泉だけでは「アッ~チィ!」って感じ。
加水をしなければ、とてもでは有りませんが浸かっていることが出来なくなってくるくらい。
(でもちゃんと、加水が出来るようになっていました・・ホッ!)

この大きな湯船を独り占め。
窓の下からは、早川のせせらぎがかすかに聞こえ。
窓の外には藤の花が満開。
贅沢ですよねぇ・・・源泉をジャボジャボとかけ流しながら約1時間、身の丈程一人マッタリ・ユッタリと入っていました。b
本当に勿体無いくらいジャボジャボと源泉が出て来ては、湯船からはオーバーフローしたお湯がどんどんと流れ出ていきます。

さて、お風呂から上がり出るときもおばちゃんと散々会話をし・・・(一部抜粋)

お 「どうだった?良いでしょ!熱いお湯が良いのよ!お湯はいっぱい有るからね・・(中略)・・」
み 「よかったぁ!最高でした。でも勿体無いよね、一人であんなにかけ流しちゃ・・・・」
お 「お湯はいっぱい来るんだからいいの。家で入るお風呂と一緒じゃつまらないでしょ・・・・。(中略)気をつけて帰ってね。また来てねぇ!」

泉質は、さらさらでスッキリな感じ。
さらに汗をかいても、すぐに乾く感じ。
今、家でもさらさら気分が続いています。
カメラは壊れたけれど、会話が楽しかったので超満足。
カメラはこういう(落とす)ことも有ろうかと、一度清里で落とし既にテンパっていた昔のカメラを持ち出していたので、ショックもそれ程無く。

帰りは、これまた8枚300円の激安お買い得のひものをおつまみ用に買い、西湘バイパスの無料区間を駆使し、13時過ぎに帰って来ました。
入浴料400円+干物代300円+ガソリン代往復500円位
相変わらずの格安旅です。b








最初はちょっと勇気が要るけれど、マナーをちゃんと守れば地元の人との会話も楽しめるので、最近ハマっています。
なお基本的にこういう公衆浴場は石鹸などのアメニティーグッズは用意されていませんので、もし行かれる方は予めご用意の上、ご持参下さい。

楽しいブログがいっぱいです。↓ポチッとお願いします。

Thank you very much!

| バイク | 18:50 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

71℃って・・・
温泉卵の気分が…味わえそうデスw

質問!!(笑)
伊豆半島って・・・バイクで走ると・・・流れは良いのでしょうか???
先っぽまで周ってくるとしたらどれくらい時間を見ておいた方が良いか教えていただけると助かりますw

| T2(空波とともに) | 2013/05/13 21:09 | URL |

結構距離が有ります・・・

T2さまへ (身の丈程)

関東人の楽しみは、伊豆・箱根にある温泉と海!
よって、桜の季節や連休及び夏場のシーズンは激混みです!
ただ、T2さん襲撃の日程(日曜・平日)では・・・そんなに混まないと思います。
大阪の電車に例えると(例えが悪いのですが)・・・・JR西日本の環状線(海岸線)で大阪(沼津)から天王寺(下田)・京橋(伊東・熱海)を回ると景色は良いのですが、走り続けても約6~7時間はかかると思います。休憩・昼飯を挟むとそれ以上。
伊豆半島は、結構距離があり・・・ケツが痛くなります。^^;

であれば目的優先を考え、梅田(三島)から地下鉄御堂筋線(国道136号&国道414号)で天王寺(下田)を目指すという手も有ります。
こちらは、伊豆のど真ん中を走るので景色の展望はあまりよくありませんが、時間は結構短縮できます。(往復1.5Hくらいは短縮できそうな)
途中「伊豆の踊り子」で有名な天城を通過し・・・って関係ありませんが。^^;

多分カードがある意味目的かとも思うので、御堂筋線で真中突っ切って、下田でダムカード・道の駅を通過、東の海岸線を周り、伊東へ。ダムは、幾分山方面に入ったところなので、そのまま伊豆スカを堪能し箱根へ行き、合流・・・・っていうのは。
但しこれでも、何だかんだ5~5.5時間以上はかかると思いますよ。b
もちろん、これは走りっぱなしの状況下での話しなので、道に迷ったりを考えれば、5~6H+休憩時間+余裕1Hを持つ必要が有ると思います。
結局、まる1日・・ですかね。^^;

| 身の丈程 | 2013/05/13 22:07 | URL |

月曜日にお休みって・・

いいな♪いいな♪いいな~♪

71℃の温泉って聞いたことないけど^^なかなかいい雰囲気の温泉だね~
独り占めとはまた贅沢な時間が羨ましい~
ほんとお金の掛からない・・お金を掛けないツーリングにしたいのだけどこれがなかなか・・^^;
月半ばにしてすでに金欠です・・今週末は・・・

| leomi | 2013/05/14 01:28 | URL | ≫ EDIT

貧乏は暇があります。

leomiさまへ (身の丈程)

最近所得は減る一方ながら、会社も暇をもてあそび・・・・
よって、身の丈程行く貧乏会社は、暇だらけなんです。(-_-;)
(職務的にも、月中が意外と時間があるんです)

さすがに71度だけでは、熱いのなんのって。
いくら熱いのが好きでも、あそこまでは無理!
最初、火傷するかと思ったくらいですから。
でも本当にすべすべの良いお湯でした。
人がいなければ、何度も行きたいと思っています。
(銭湯よりも小さいので、少々勇気もいりますが。)

| 身の丈程 | 2013/05/14 16:36 | URL |

71℃ 掛け流しって・・・
ゆでダコ製造機じゃんw

最近、丸くなって、薄くなって、
蛸に似てきたから気になるんだよね・・・><

| tomzu | 2013/05/17 21:24 | URL | ≫ EDIT

既にその域です。(^^ゞ

tomzuさまへ (身の丈程)

既にその蛸の域です、身の丈程は。
薄い・・・・既に無く。(T_T)
壺さえあれば、その物ですから。(^^ゞ

でも身の丈程熱めのお湯も好きなので少々我慢できますが、流石に71度かけ流しは出来ませんでした。
ここは、久しぶりにスッキリとした温泉。
ちょっと上に登ると硫黄タップリの温泉に変るのですが・・・。
温泉って、やっぱり楽しいですね、蛸にとっては。^^;

| 身の丈程 | 2013/05/17 21:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sweepstakes.blog27.fc2.com/tb.php/1195-2e19ed83

TRACKBACK

後の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事