只今の走行距離、km。 ご訪問ありがとうございます。皆さんに感謝!<(_ _)> 行くぞ100,000km!ブーン(((っ・ω・)っ
のと! 身の丈程のブログ

身の丈程のブログ

img1 img2 img3 img4 img5 img6 img7 img8

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

のと!

「のと」・・・・・?
単なる助詞を並べた訳ではございません。
お分かり難いと思うので、漢字ではこう書きます。

「能登」 www


昨年、天気予報から判断し、折り返した「800kmの弾丸ツー」!
ようやくリベンジが出来ました。
が、走りがメインなので、ほとんど写真は有りません。

出発は、24日の金曜日早朝・・・・と言うか、身の丈程にとってはまだ夜中。(ーー;)

IMG_3857-1.jpg

藤野PAに集合!
高速道路(夜間)割引のため、4時前にICを通過せねばならず、この時間。

今日はいつもながらの山男と身の丈程、そして久しぶりに隊長(我々の呼称)の3名。
がしかし、隊長が待てど暮らせど来ません。
山男が電話をかけると、「今起きた!」との事。
先に行っている事を告げ、松本IC出口で落ち合う事に。

実はこの隊長、還暦間近にも拘らず、各種レースにも出場しており優勝経験も多々ある、バイクに対しては熱き想いを語る先輩です。
さらにツーで出発時は最後尾から出るのに、いつの間にか隊列を率い先頭を走っている・・・・・なので、「隊長!」なのです。(笑)

さて身の丈程と山男は藤野PAを4時半に出発、途中双葉SAで20分の小休止。
松本ICに着くと・・・・そこには既に隊長の姿が。(・・・・恐)
我々には少なくとも30分以上のアドパンテージが有ったはずですが、もろともせず双葉での小休止時に既に我々を抜き去っていたようです。

さてそろったところで出発し、最初の休憩場所の平湯温泉。

IMG_3859-1.jpg

もちろん無料です。
が無料であっても汚いわけではなく、しっかりと管理された温泉です。

IMG_3863-1.jpg

湯煙の向こうに綺麗な紅葉。
ちょっと熱めの湯ですが、身の丈程には最高。

IMG_3867-1.jpg

改めて本日の参加車両。
山男はVMAX、身の丈程は2号、隊長は一昨年に身の丈程と同じボルドールからVFR1200にお乗換え。

温まった体で出発。
神岡を抜け、富山市をかすめ、もちろんここへ。

IMG_3880-1.jpg

「千里浜なぎさドライブウェイ」!
ご存知、ここは車両が砂浜に入れる場所です。
身の丈程にとっては、約30年ぶり。
バイクでは初めてです。

小錦(知らない人が居るかも?)級の車体を、湿った砂浜の上で立てるのに苦労しましたが、良い写真が撮れました。(笑)

IMG_3886-1.jpg

長く続く浜で、ABSの効きを試してみたり、青春映画のように海を背に思いっきり走ってみたり・・・・っと。

途中では地引網もやっていました。
バイクに乗って砂浜で地引網を見るのも初めて。

IMG_3887-1.jpg

網の周りに人だかり。
網に引っかかっているのは、魚なのか?人なのか?(笑)


その後は、途中洞窟見学や能登の絶景を見ながら走り・・・・

IMG_3907-1.jpg

能登半島(日本海)から望む夕陽を見て、今日の宿泊地輪島まで。

30年ぶりに走りましたが、いつも走る伊豆半島や房総半島等とはまた違った雰囲気の道。
改めて良いですね、能登半島も。


・・・・・(珍しく)続く!

| ツーリング | 09:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

千里浜行かれたんですね♪

スタンドの下にかまぼこ板(笑)

スカブのサイドスタンド位、接地面があれば大丈夫でしたが・・・

アソコでセンスタ立てると・・・どうなるんだろ???

| T2 | 2014/10/26 14:14 | URL |

帰れなくなります

T2さまへ (身の丈程)

能登まで来て、突然の空き缶拾いなどのボランティア活動が始まり。(大笑)
環境保全に協力してまいりました。b
ちなみにセンスタ立てた日には、二度と帰ることは出来ないと・・・・

| 身の丈程 | 2014/10/26 14:29 | URL |

能登・・いいですね!
私も今季初めに能登キャンプツーを計画していましたが、
このままだと来季に持ち越しになりそうです・・。

この夕日・・実際に見てみたいものです。

| mj | 2014/10/27 12:33 | URL | ≫ EDIT

何処も同じなのでしょうが・・・・

mjさまへ (身の丈程)

能登の夕陽と言えども、伊豆半島から見る夕陽と違うわけではないと思います。
がやはり特別な思いをさせるのは、「ここまで来た」っていう事が、そうさせるのでしょうか?
ある意味感動は、距離に比例する部分も有るのかもしれませんね。

mjさんも来シーズンは、是非この感動を。b

| 身の丈程 | 2014/10/27 20:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sweepstakes.blog27.fc2.com/tb.php/1295-fd0c2b22

TRACKBACK

後の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。