只今の走行距離、 km。
 ご訪問ありがとうございます。皆さんに感謝!<(_ _)> 行くぞ100,000km!ブーン(((っ・ω・)っ 決心の後の気分転換 身の丈程のブログ

身の丈程のブログ

img1 img2 img3 img4 img5 img6 img7 img8

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

決心の後の気分転換

身の丈程おばあちゃん、そう我が母親のお母さん。
歳をとり、病気がもとで老人医療施設のような病院にその昔入院しました。
当時はまだ今のような介護に対する周りの考えも、施設や人もあまり無かったと思います。
母親がおばあちゃんの見舞いに行きたいというので車で連れて行きましたが、施設に入った途端、汚物の匂いが病院中に。

その帰り際、母親が身の丈程に向かって真顔で・・・「私が最後こうなっても、絶対にこういう施設に入れないで!」っと。
母親も感じていたのでしょう、身の丈程と同じような思いが。
何でこんな場所に叔父は入れたのかと。


長男として、父も妹も居ない今、その母親の言葉を守るべく出来るだけ自宅での生活を最優先に考え努力てきましたが、流石に今回が限界となりました。
先日母親を病院に連れて行った際、先生に緊急入院を告げられ翌日入院しましたが、看護師さんも判ってのことなのでしょうが・・・

看護師さん 「身の丈程さん!今回の入院まで、どのような介護をされてきたのですか?!」
(その言い方がきつく・・・(+_+))
身の丈程 「私なりに出来ることはしてきたつもりですが。」
看 「再(々々)入院ということは、何も出来ていなかったということですよねぇ!」
正直、心の中では少々カチンっときました。

まだ30代前半の若い看護師さんとは思います。
確かに、結果論からすればおっしゃる通りかと。
毎日ヘルパーさんや訪問看護師さんにも来ていただき、身の丈程も会社帰りに寄り、日々やってきましたが、24時間常に傍に居て見守ることは不可能。
もちろん監視カメラも数台つけ、我がパソコン&スマホからも常に行動が見れるようにしていましたが。
さらに相方も実の母親の介護をしている以上、これ以上相方に頼る訳もいかず・・・先生からも強く勧められ、いよいよ有料老人ホームに入れる方向で話を進めることに。

もちろん施設に入れず、自宅での生活も選択できるとは思います。
多分母親としてはその方が望みであると思いますが、自宅で一人暮らしを続けることに関し医療関係者の理解と協力が得られない事と、多分これからの生きられる時間は施設に入るよりも確実に減ると思いますし、結果難しいのかと。

昨日ベッドに寝ている母親に話をしましたが、やはりショックは隠せない様で。
可哀そうでしたが、「仕方がないよねぇ・・・・」っと無理くりに。
やはりこういう時に、実の妹が居てくれないのが辛いですねぇ。


・・・・っということで、今日はちょっと気分転換に、車検を通したばかりの1号で湯河原まで。

P_20170205_103334-1.jpg
相方が好きなミカンの類。
各100円で、合計でも500円!
見た目には悪いけど実は甘いし、無農薬だから安心して食べて・・・っと、気さくなおばさんと会話し。

せっかくなので温泉とも考えていましたが、午前10時の湯河原はどんより雲。
急ぎ折り返し走っていると、ポツリポツリ。

P_20170205_110650-1.jpg

早川で干物を買う頃には結構降ってきたので、そのまま小田厚・圏央道で一気に帰宅。
午後は酒を飲みながら、最近娘と対戦している「オセロニア」に没頭!





母親の件、金はかかりますが、身の丈程の心配の種は少し減りそうです。
が、新たに誰もいない実家の面倒を見なければならず。

| つれづれ | 17:55 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://sweepstakes.blog27.fc2.com/tb.php/1381-e28512f6

TRACKBACK

後の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事