只今の走行距離、 km。
 ご訪問ありがとうございます。皆さんに感謝!<(_ _)> 行くぞ100,000km!ブーン(((っ・ω・)っ PV EXPO & FC EXPO展 身の丈程のブログ

身の丈程のブログ

img1 img2 img3 img4 img5 img6 img7 img8

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

PV EXPO & FC EXPO展

環境・・・・これからの世界において大切なキーワード。
そんな中、水素・燃料電池、太陽電池展に行ってまいりました。

これからの技術とあって、国内外から多くの外人さんが来てられました。
やはり人気が有ったFCV(Fuel Cell Vehicle)。云うなる燃料電池車です。

FCV

こちらは、HONDAの宣伝でも使われているFCX。
先日、日曜の12ch(激走GT)に、未来の車と称して出ていた車です。
水素と酸素を反応させ、電気を取り出し、その電気でモーターを回して動く車です。
水素の充填が必要ですが、排出されるのは水だけです。

ただ普及には、スタンドの問題や水素の価格・扱い等の問題も有るようです。


一方こちらはバイク編。
YAMAHAが開発したDMFC(Direct Methanol Fuel Cell)バイク。

DMFCバイク

こちらは水素を充填するのではなく、メタノール水溶液を基に酸素と反応させて電気を取り出し、モーターを回して動くバイクです。
こちらはメタノール水溶液なので、水素を充填するボンベなどが不必要なため、非常に軽量且つコンパクトに出来るようです。ちなみに原付1種でナンバーも取得でき、公道での走行も可能なようです。
ただ、こちらは水と僅かなCO2を排出するようですが・・・・。

ま、どんな物にも一長一短あるようですね。


太陽電池展の方も、盛況でした。
太陽電池パネルは、(今まで屋根や壁にある)黒いパネルのイメージがありますが、今や普通に窓ガラスのようなパネルもあり、その取り付け場所も多様化に対応出来るようになってきているようです。
近い将来、家の窓ガラスが太陽電池パネルになる日も近いようです。。。。。

今後ますます環境と言う問題は、避けて通れないようです。





幾ら環境とはいえ、いよいよ大型バイクも音のないモーターで走る時も間近なような・・・・チョット寂しいなぁ(T_T)

↓楽しいブログがいっぱいです。ご協力をお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへ

| つれづれ | 21:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

黒のソーラーパネルはおうちの屋根に不似合だな~と、気になってましたが、
窓ガラスのようなものもできてきたんですね!
その変化は賛成(^^)/でも、音のないバイクははんた~~い!(>_<)

| たらちゃん | 2009/02/25 21:52 | URL |

騒音問題も無し・・・・

たらちゃんさんへ (身の丈程)

きっと、マンションの窓にも大丈夫だと思いますよ。
程よいスモークガラス程度で日よけバッチリ。
でも、電気も起こせて・・・・一石二鳥。

バイクもモーター駆動になり、いよいよ騒音問題が解消され・・・
音は勿論ですが、エンジンの振動も無いバイクって・・・・気持ち悪い。
まさしく・・・・ウィ~ン・・・・ってな音で・・・・

| 身の丈程 | 2009/02/25 22:06 | URL |

次世代へ

どんどん環境に素晴らしいものが出てきますね。

生活の一部として普通に使われるようになるまで、がんばって自力で環境を大切にしようとあらためて思います。

自分の次の世代が、より良い環境で過ごせるよう今できる事をやってあげないといけなきがします。

子供が出来るまで恥ずかしいですが、こんな風に思わなかったんですけどね。

| ぼかばん | 2009/02/26 08:20 | URL |

そうです・・・酋長様の時代のため

ぼかばんさまへ (身の丈程)

何気にCO2吐きまくりの身の丈程ですが、化石燃料もあと20年後にピークを迎え、衰退の一途を辿るようです。そういう意味では、首長様の時代はきっとガソリンで走るバイク・車という物はないかもしれません。
こういう展示会に行くと、次の世代にどの様に引き継ぐか考えさせらます。若い世代のため&よりよい時代になるよう、世のオヤジ連中も必死に考えなければならないようです。^_^;

| 身の丈程 | 2009/02/26 21:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sweepstakes.blog27.fc2.com/tb.php/340-0a4c50ef

TRACKBACK

後の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事