只今の走行距離、km。 ご訪問ありがとうございます。皆さんに感謝!<(_ _)> 行くぞ100,000km!ブーン(((っ・ω・)っ
Tokyo Metropolitan Museum of Photography 身の丈程のブログ

身の丈程のブログ

img1 img2 img3 img4 img5 img6 img7 img8

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Tokyo Metropolitan Museum of Photography

行って来ました!殆ど”おのぼりさん”状態でしたが・・・・Tokyo Metropolitan Museum of Photographyへ。
すご~く、身の丈程にとっては楽しかったです。(о'д')b


何処か判らないって?
恵比寿駅から恵比寿スカイウォークで5分の、

恵比寿ガーデンプレイス

そうです、恵比寿ガーデンプレイスです!
こちらの敷地内にある、

東京都写真美術館

です。
そう、先日懸賞で頂いたチケットで観に行きました。

木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン展

「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン」展です。
同世代を生きた2人の作品を並べてみせています。
作品は著作権の問題でお見せ出来ませんが、どちらの写真家もすごく良かったです。

やはり、白黒の写真は味があって”良い”の一言。
そこに有ったであろう色彩を思い浮かべるだけで、全く飽きません。

相方がいなければ、いつまでも観ていたい作品がいくつも有りました。
更には、今日が展示最終日なので、物凄い人!
著名な写真家であった方の展覧会ですね。

絵画の美術展とは違い、このような写真展も大変面白いと思います。
是非、機会がございましたらご覧頂くのも良いかと思います。

さて約1時間半をかけ作品をゆっくり堪能した後は、38Fのレストラン街でお食事。

38Fからの展望


流石に、食事の写真を撮るには恥ずかしく、遠慮させていただきました。
少々奮発して、もちろん”エビスビール”付き!
とっても美味しかったです。(^_^)v
(ま、その分高かったのですが・・・(T_T))

その後、何処に寄るでもなくスタスタと・・・帰って来ました。

with 相方

やっぱり田舎者、身の丈程ですかね・・・・(^^ゞ






相方は写真よりも、やはり食事の方が楽しかったそうです。
やっぱり、趣味は合わないなぁ・・・^_^;

楽しいブログがいっぱいです。↓ポチッとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ

| つれづれ | 15:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

20年前とずいぶん違う恵比寿

写真の素晴らしさは、写真の楽しさ素晴らしさを知っていればいるほど、見る目が肥えてきますよね。

それと奥様とのデートもやはり必要かと思います。

高所恐怖症の私なら、この場所での食事はちょっと怖いかも・・・・v-12

| ぼかばん | 2010/02/07 19:56 | URL |

写真の難しさ

お天気が良く最高のデート日和でしたね!^^
38Fからの眺め夜景はまた美しいでしょうね~。

写真を撮る時いかに上手に撮るかではなくいかにうまく伝えられるか・・を考えながら撮っています。
この写真を見て何か感じてくれるかなぁー。なんて思いながらブログに出しています。

それでも自分の気に入った写真はなかなかないですね。

| leomi | 2010/02/07 21:23 | URL | ≫ EDIT

お近くまで行かせて頂きました

ぼかばんさまへ (身の丈程)

ぼかばんさんの庭である渋谷の近くに行かせて頂きました。
実は、仕事でもこの駅に降りたことは無く、大変新鮮でした。そういう意味では、改札も間違えたり・・・・
完全におのぼりさん状態。

本当は、渋谷で映画と相方は言っていましたが、映画だと確実に睡眠に陥る身の丈程、勘弁をしてもらいました。
ま、相方に言わせると、趣味が合わないとも言っておりましたが・・・・

38Fの高いところ、身の丈程にとっては場所よりも値段の方が高かったように思います。。。。。。

| 身の丈程 | 2010/02/08 12:57 | URL |

簡単には撮れません

leomiさまへ (身の丈程)


身の丈程も、写真はなかなか難しいと思っています。
気に入った写真は、今までも数えるくらいしかありません。
実は、この展示品の中に、彼らのネガフィルムが残っており、それをみると驚きました。
天才的なその目とタイミングで芸術的な写真を取れる物だと思っていたのですが、意外にも納得できる1枚を得るために同じ構図で何枚もの写真を撮っていました。

天才と言えども、やはり皆と同じようです。
昔と違って失敗しても直ぐ捨てられるので、数打てば当たるで行きましょう。b

| 身の丈程 | 2010/02/08 13:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sweepstakes.blog27.fc2.com/tb.php/646-f6e692bf

TRACKBACK

後の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。