只今の走行距離、 km。
 ご訪問ありがとうございます。皆さんに感謝!<(_ _)> 行くぞ100,000km!ブーン(((っ・ω・)っ 頼りない飼育係 身の丈程のブログ

身の丈程のブログ

img1 img2 img3 img4 img5 img6 img7 img8

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

頼りない飼育係

T2さんでは有りませんが、今日はブログアップを止めようかと思いましたが。(^^ゞ


さて、今日実家に寄ってきた折、凄く懐かしい写真が飾られていました。
母親に言わせると、奥に有った写真を前に出しただけだと・・・・・・
母親も、「あれから、何年かね?」っと。
そこに有った写真は、唯一昔身の丈程が初めて飼った犬で、土佐犬の雑種の写真でした。
写真自体も懐かしいのですが、見た目にはゴツイ犬ですが、身の丈程とって大変可愛い犬でした。



話はさかのぼり、身の丈程の高校の時代、陸上の練習兼ね実家の周りをまだ子犬であったこの犬と一緒にトレーニングをしたことも。
初めはついて来れなかった犬も、次第に大きくなり体力も出来、身の丈程が卒業する時には身の丈程自身が置いていかれるくらいに筋肉モリモリに成長しました。
あまりにも鍛えすぎて・・・前から見るとがに股。^_^;
(まるで土佐犬のような・・)

そんな犬とも、いつか別れが。

身の丈程も社会人になったある日、会社から帰ると母親が曰く「犬が居ない」と大騒ぎ。
慌てて家の外を探すも見つからず。
暗闇の中、そんなに広くは無い実家の庭の隅に隠れるように、ようやく見つけた愛犬の姿を見た時には涙が・・・・

市での処分を断り、休日に実家の庭の真ん中に大きな穴を掘り、埋め、沢山のお線香と共に供養をしてあげました。
あれから30数年近く・・・・・二度と生き物を飼う事が出来なくなってしまった身の丈程です。








我が娘は犬を飼いたがっていますが、マンションは飼えない規則。
その規則娘にはかわいそうだけれども、ある意味身の丈程にとっては唯一傍線になっています。

楽しいブログがいっぱいです。↓ポチッとお願いします。

Thank you very much!

| つれづれ | 21:56 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

覚悟が必要ですね・・・

本日、投稿を自粛しているT2でーす。
T2も動物は大好き。

子供の頃、身の丈程さんと同じように犬を飼ってました。
今の様に血統のはっきりした様なものではありませんでしたが・・・
犬の一年は人間の六年ほどでしょうか・・・
分かれを経験してしまうと、ナカナカ「次」と言うわけにはいきませんよね・・・

う~投稿した~いけど、今日は我慢します。
明日、予約投稿しておきました(?)
う~ワン!!

| T2 (空波とともに) | 2011/01/12 22:05 | URL |

キャイ~ン!

T2さまへ (身の丈程)

特にお笑いコンビでは有りません。^_^;
でも、やっぱり別れはつらいもので、その思いを引きずってしまいました。
今も飼いたいのが山々なのですが、その後を考えるとどうしても・・・。

既に予約投稿ですか?
やはり、病気ですね・・・ここまでくると。
ブログアップ症候群、お見事ですにゃ~!!=^_^=

| 身の丈程 | 2011/01/12 22:32 | URL |

ウチもですよ、

飼ってた雑種の犬が死んでからは・・・

で、現在はメダカを・・・
世話しなくても良いみたい?
夏場の渇水期に水の補給するくらいで。

| んさん | 2011/01/12 22:44 | URL | ≫ EDIT

不思議なことに・・・

そうなんですよね~あの悲しい思いは2度としたくないって思います。
いなくなってからはものすごく辛い日々が続きますし・・・
しかし不思議なんです。
ウチも実家もなんですが愛猫が死んでからすぐに
ひょっこりとねこが訪ねて来たのですよ。
みんなが悲しまないように死んだ子が連れて来たんだと・・・
勇太もそうなんです。15年いっしょに暮らしていたねこが死んで
1週間後仕事から帰ったら門の中にちょこんと座っていてにゃ~って!
ワタシもう涙が止まらなかったです。

1日でも長生きしてほしいと願うばかりです=^^=

| leomi | 2011/01/12 23:17 | URL | ≫ EDIT

うちのポチ君

私のブログに登場するぽち君は10歳。今の所は元気はつらつですが老犬の部類に入りつつあります。
ダックスフンドは穴熊を狩るための猟犬で、穴の中でも進めるように短足に改良したのが始まりとか。
自然に進化した訳でないためか、比較的短命との噂もチラホラ・・・ いれば邪魔だし、いないと寂しい
毎日、同じ布団で寝ている状態のため、逝ってしまったらどうなるのだろうかと心配です。

| tomzu | 2011/01/13 00:45 | URL |

はい(^人^)

コメントの横にブログアドレスを付けていませんでしたね。
初ブログの為馴れず、余り気にしておりませんでした(^人^)

今後とも宜しくお願い致します。

因みにウチのウパ君は、3~5年生きるらしいですが、二人暮らしなので居なくなると思うと・・(>_<)

| kやん。 | 2011/01/13 03:47 | URL |

私は団地住まいだったんで犬は飼えなかったんで一軒家になってから飼うようになりました。

うちのワンコは昼間1人で留守番しとるおじいちゃんには無くてはならない存在になってます。

ワンコがいると家が和みます。

| まさぼん | 2011/01/13 06:34 | URL |

ペットロス

 私も経験がありますが、最近では妻の実家の家族の愛犬サヴィちゃん(ロングチワワ)ですが、大きな腫瘍が出来てしまいその手術後に自宅に帰る車の中で亡くなりました。

 私にもすごくなついてくれていて、遊びにいけばいつも私の膝の上でウトウトしてたものです。

 急に動かなくなったサヴィちゃんを抱っこした時に、大声をあげて泣いてしまいました。
 今思い出しても涙が出てきます。

 その後、誰よりも可愛がっていた妻のペットロスはすごく一カ月以上方針状態が続いていました。

 そして、2か月後に妻のお腹の中には新しい命が・・・
 サヴィちゃんの一年目の命日近くで我が子が誕生しました。

 亡くなる命と授かる命、不思議にうれしい体験でした。

| 1963年生まれ | 2011/01/13 08:07 | URL |

限りある命

んさんさまへ (身の丈程)

限りある命、もし自分と同じくらい生きてくれれば、悲しむ時間も少なくて済むのですが。
そういえば、それ以来何も・・・本当に何も飼っていません。
餌をあげなくていいの?
メダカなら・・・飼えそうかも。(o^―^o)ニコ

| 身の丈程 | 2011/01/13 21:14 | URL |

引きずりました・・・

leomiさまへ (身の丈程)

結構引きずりました。
犬の死で、親とも喧嘩したり・・・・

身の丈程家に次の犬は、ひょっこりと・・・・来ませんでした。(^^ゞ
でも、きっと来ていたら、続けて飼っていたかもしれません。
時間が空けば空くほどトラウマとなり、次の生き物が飼えなくなってしまったのかもしれませんね。

勇太くんも優しいお二人の下、大丈夫ですよ。(о'д')b

| 身の丈程 | 2011/01/13 21:19 | URL |

最後は白髭に・・・

tomzuさまへ (身の丈程)

飼っていた犬も、最初は鼻の周りが真っ黒でしたが、10才を超えたころには鼻の周りが真っ白な白い髭に。
体力も衰え、一緒に走ることも少なくなった頃でした。

やはり、この年くらいから気になるところですよね。
でも、16歳くらいまで生きる犬も多いので、大丈夫ですよ、きっと。(о'д')b

| 身の丈程 | 2011/01/13 21:23 | URL |

子孫繁栄

kやん。さまへ (身の丈程)

でしょでしょ・・・気になっていたんですよURL!(о'д')b
でもウパ君・・・何とも愛嬌のある顔ですね。
ここは、ウパ君にお嫁さんをめとらせては如何でしょう。
そうすれば子孫繁栄、家内安全、何時までもウパ君とその子孫達と居られるかも。。。。。

| 身の丈程 | 2011/01/13 21:28 | URL |

お年寄りには・・・

まさぼんさまへ (身の丈程)

そう・・そうなんです。
マンションの規則では”駄目!乂(´Д`;)”と言っていますが、既に既成事実もあることは明白。
さらには、お年寄りにとっては大切なよりどころとなっているのも事実。
この点で、毎回総会での揉め事になっています。

正直、身の丈程が年寄りにり、あまり外に出れなくなってしまったら、もう一度犬を飼いたくなるかもしれません。

| 身の丈程 | 2011/01/13 21:32 | URL |

因果関係

1963年生まれさまへ (身の丈程)

病気であれば、なお更悲しいかもしれませんね。
身の丈程の犬の死因は、結局判りませんでした。

でも、新しい命として酋長様が授かったことは何よりの事。
我家は・・・何の因果関係も有りませんでした。^_^;

| 身の丈程 | 2011/01/13 21:38 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sweepstakes.blog27.fc2.com/tb.php/907-e7c65236

TRACKBACK

後の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事