只今の走行距離、 km。
 ご訪問ありがとうございます。皆さんに感謝!<(_ _)> 行くぞ100,000km!ブーン(((っ・ω・)っ Moog Synthesizer 身の丈程のブログ

身の丈程のブログ

img1 img2 img3 img4 img5 img6 img7 img8

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

Moog Synthesizer

突如何を思ったか・・・YMOを聞いた瞬間から。


身の丈程にとっての70年代音・・・Moog Synthesizer。

鍵盤楽器が得意だった頃、当時今までには無い音が無限に作れるMoog Synthesizer。
勿論買える訳も無く。
当時、一番手に入りやすいMini Moogであっても50万以上だったような気がします。

ELPに刺激を受けプログレの世界へ。
鍵盤楽器の3段積みに憧れ。

日本では、当時YMOが流行り始め、鍵盤楽器の天下と思った時代。
Moog modular synthesizerは正に憧れの楽器でした。

Moog modular synthesizer

オシレーター(発信機)と各種モジュレーター(変調機)が一緒になった物。
この2つのユニットで、色々な音が出せるんです。



この思いが、大人になり鍵盤楽器の大人買い。
押入れの正体は・・・シンセサイザー3台。(・_・;)
(勿論Moogなんて買えませんでしたが)



でも、皆さん良い感じでお歳もとられ。
07年ごろ、キリンの宣伝も良かったです。(о'д')b

Just love theri music. I'm touched the soul and heart !









いま押入れから出したら怒られるだろうなぁ・・・・
さらに玩具を出すなんて。^_^;

楽しいブログがいっぱいです。↓ポチッとお願いします。

Thank you very much!

| つれづれ | 21:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ギターシンセも・・・

keyシンセの黎明期・・・。
ジェフベックが使っていた、黒のレスポール型のギターシンセサイザーや、自動演奏装置ギズモといった、試行錯誤の時代でしたね・・・。

| T2 (空波とともに) | 2011/04/12 22:17 | URL |

こんにちは。

YMOをはじめてきいたときは、
なんじゃこりゃ~!?でしたね。
ちょっと、大人の世界にはいった気分でした。

| おくさん | 2011/04/13 19:28 | URL |

有りましたね・・・

T2さまへ (身の丈程)

一時期、一部のミュージシャンも持ち歩いていたのを記憶しています。
ギターにシンセは正直・・・・???
当時も、ギターはギター、シンセはシンセと思っていました。

今やデジタル全盛期ですが、やはり音楽はアナログの不安定さが何ものにもかえられません。
声であってもアナログだし、弦楽器であっても基本はアナログ。
デジタルシンセも、結局は微妙なアンジュレーションが気持ち良く。
フレット音痴の我がギターは、正しくアナログの申し子。^_^;

| 身の丈程 | 2011/04/13 22:24 | URL |

テクノ・・なんていっていましたね

おくさん様へ(身の丈程)

当時1ジャンルを確立した成果は大した物です。
勿論、今は流行るとは思いませんが。
でも坂本氏らの演奏家としては、当時日本で最高であったと思います。(今でもNHKに出ているくらいですから・・)

あれから、シンセは大変な勢いで進化した・・・・懐かしい原点です。

| 身の丈程 | 2011/04/13 22:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sweepstakes.blog27.fc2.com/tb.php/977-21340669

TRACKBACK

後の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事